美容外科とプチ整形

プチ整形という言葉が生まれてから、美容整形が非常に女性たちにとって身近なものとなってきました。かつては、整形という言葉だけでもタブーに近かったのですが、今では、就職試験の前にプチ整形をおこなうなど、美容整形は文化の1つとなってきています。それだけ、美容外科に通院する女性が以前と比較して増えているということなのでしょう。このプチ整形というのは、メスを使わない整形のことをいいます。たとえば、特殊な糸を使用して、まぶたをとめることによって、一重まぶたから二重まぶたになったり、ヒアルロン酸などを注入して、鼻筋を高くしたりする方法です。

埋没法とよばれている特殊な糸で二重まぶたにする方法は、糸をはずせば元通りになるため、失敗したと思ったら、やり直すこともできますし、非常に手軽な美容整形の代表的なものだといえるでしょう。また、ヒアルロン酸を注入して鼻筋を高くする方法は、年月を経ると元に戻ってしまいますが、メスを使わないため、とても手軽に受けられる施術方法ですし、価格もプチ整形の場合はリーズナブルなことが多いようです。他にも、ヒアルロン酸を注入することにより、シワを目立たなくすることもできるのです。

シワを目立たなくさせる方法としては、ヒアルロン酸以外にも、ボトックス注射がありますが、どちらもメスを使用しないため、気軽に受けられるアンチエイジング方法だといえるでしょう。このように、リーズナブルな価格で、安全な施術を受けることによって、今までのコンプレックスを払拭することができるというのが、美容外科に通うきっかけとなる理由の1つだといえるのではないでしょうか。

▽特集
プチ整形などの美容整形を行っている札幌の美容外科クリニックです > 美容整形 札幌